目的ごとにおすすの借入方法

カードローンは、お金を借りるサービスで気軽に利用しやすい特徴があり、人気のサービスでありますが、利用者それぞれ目的や希望金額に違いがあります。

少額な物が欲しいために借りる人や冠婚葬祭で急な出費がある人、給料日前で生活費が無い人、高額な買い物を行うために借りる人が居ますが、それに合わせてカードローンも融資可能金額は少ないけど、借りやすいものから審査は若干厳しいけど、融資可能金額が大きいものまで沢山のカードローンサービスがあります。

その他、学生向けの学生ローンや女性向けのレディースローンもあり、これまでカードローンと言うと20代~40代の男性の利用者が圧倒的多かったのですが、学生向けローンとレディースローンの登場によって学生や女性の利用者も年々増えつつあります。

もし、あなたが高額な借入を希望しているのであれば銀行やしんぱん会社をおすすめします。

銀行や信販会社では、最高融資可能額が300万円から1000万円とかなりの金額を借入する事が出来ます。

その分、必要書類の提出が増えたり審査が厳しくなります。

基本的にカードローンと言うのは、50万円までの借入であれば必要書類は、運転免許証や健康保険証などで良いのですが、それ以上の借入を希望する場合、収入を証明する事が出来る書類の提出も必要になります。

収入を証明する事が出来る書類としては、源泉徴収票や確定申告書があり、会社勤めや自営業の方であれば問題無く提出することは出来ると思います。

少額の融資を希望するのであれば一番借りやすいと言われている消費者金融を利用すると良いでしょう。

融資可能額は、50万円から300万円位がほとんどですが、50万円から300万円であれば少額な買い物から自動車や事業のための資金など、様々な使い道があると思います。

このようの自分の目的ごとに借入する事が出来る様になりましたが、借入前に気を付けて欲しい事は、返済できる収入の確保と計画性を持って利用する事です。

審査に落ちてしまう様々な理由

カードローンを利用したくて申込みをしたものの審査に落ちてしまい融資を受ける事が出来ない人は沢山します。

審査に落ちる理由として様々な原因が考えられますが、その理由の中でもっとも多いのが、他社から借入がある場合です。

カードローンサービスなどの融資を受けるとその情報は、個人信用情報機関に記録されます。これは、新たに融資を申込んだ時に審査のために使うために記録されるもので、申込み情報が正しいか?他社からの借入と過去にトラブルが無いか?記録されています。

つまり、申込者が申込書の不備や他社からの借入があるにも関わらず嘘を付いていた場合でも照会することで簡単にばれてしまうのです。

他社から借入があると言う事は、新たに融資する事で更に借金が増えていく事にもなります。

収入にも寄りますが、借金が増えて来ると返済総額も増えるので、収入に見合った返済を行う事が出来ず延滞や滞納してしまう可能性が高いです。

そうなると、個人信用情報機関に延滞したと言う事で事故情報として記録されてしまいます。

その他、申込書の不備によって審査で落とされる事も意外に多いようです。

申込書には、氏名から住所、勤務先、他社からの借入、希望借入金額を記載しますが、照会してみると違う住所であったり、他社からの借入があるにも関わらず無いと書いたりすることがあるようです。

確かに申し込んだからには、審査を通過したい気持ちはわかりますが、お金の貸し借りをこれから始めるわけですから最初から嘘を付かれては互いに良好な関係を気付く事は到底叶いません。

短期間に複数の申込みもいけません。短期間で複数の申込みを行うと申込みブラックリストとして記録されてしまい、審査で落ちてしまいます。

申込みブラックリストとして記録されてると審査の段階で照会をした時にこれだけ他社で申込みを行っているのに落ちてしまうには、何かあるからだと敬遠されてしまうからです。

大抵の理由は、以上ですが落ちてしまった場合には、落ちた理由について教えてくれることは無いので、自ら理由を考えて改善する必要があります。